ダウンロード資料・申告書等

大会開催要項 / 個人持込ロープ仕様申告書 / 健康チェック表2

要項

大会名称 スポーツクライミング 第8回リードユース日本選手権南砺大会
主催 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)
後援
  • 南砺市
  • 南砺市教育委員会
主管 富山県山岳連盟
企画・運営 LYC2020実行委員会
協賛
期日 2020年10月10日(土)~10月12日(月)(スケジュール
会場 桜ヶ池クライミングセンター(アクセス
住所:富山県南砺市立野原東1511 電話:0763-62-8123

※ 新型コロナウイルス感染防止対策により会場での観戦はできません。

競技規則 IFSCの定める競技規則による(一部異なる場合があります)
公式サイト https://www.jma-sangaku.or.jp/
大会サイト https://www.jma-climbing.org/competition/2020/lyc/
オフィシャル
マーケティングパートナー
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

放映予定

YouTube(ライブ)
  • 2020年10月10日(土)9:00~19:00 (予選1日目)
  • 2020年10月11日(日)9:00~17:00 (予選2日目)
  • 2020年10月12日(月)9:00~10:00 (ユースC決勝)
  • 2020年10月12日(月)11:15~15:15 (決勝)

※ 競技の進行によって前後することがあります

参加申込

参加資格

下記の申込区分(年齢別グループ)に該当し、JMSCAに2019年度(令和元年度)A選手登録をしている者。
2019年度(令和元年度)のA選手登録が出来なかった選手へ

参加の目安となる最低グレードは、男子がOS5.12a、RP5.12c、女子がOS5.11c、RP5.12aとしますが、予選は男子が13a以上、女子が12c以上のルートを予定しています。

優先的に出場が可能なJMSCA推薦選手の基準は以下の通りとします

  1. 日本代表による優先
    • 2020年度スポーツクライミング国際競技大会派遣選手(リード、ボルダリング)
    • 2019度スポーツクライミング国際競技大会ユース派遣選手
      • 世界ユース選手権
      • アジアユースコンバインド選手権:中国・重慶
      • アジアユース選手権:インド・バンガロール
  2. JMSCA主催大会における優先
    • 第33回リードジャパンカップ(2020年8月)準決勝以上
    • 第15回ボルダリングジャパンカップ(2020年2月)準決勝以上
    • 第22回JOCジュニアオリンピックカップ大会(2019年9月)各年齢別グループ決勝以上
    • 第5回ボルダリングユース日本選手権鳥取大会(2019年5月)各年齢別グループ決勝以上
    • 第7回リードユース日本選手権印西大会(2019年3月)各年齢別グループ決勝以上

JMSCA推薦選手リストはこちらをご覧ください。

申し込みカテゴリー
  1. 男子ジュニア(2001年、2002年生まれ)
  2. 男子ユースA(2003年、2004年生まれ)
  3. 男子ユースB(2005年、2006年生まれ)
  4. 男子ユースC(2007年、2008年生まれ)
  5. 女子ジュニア(2001年、2002年生まれ)
  6. 女子ユースA(2003年、2004年生まれ)
  7. 女子ユースB(2005年、2006年生まれ)
  8. 女子ユースC(2007年、2008年生まれ)

決勝進出選手数について

定員
  • 男女合計320名

参加申込数が定員を超える場合は、ユースB以上の年齢別グループの出場を優先的に認める

参加費 9,900円
支払方法 クレジットカード決済、コンビニ決済
申込方法 マイページよりお申し込みください

本大会は、日本アンチ・ドーピング規定が適用されます

申込期間
  • 日本山岳・スポーツクライミング協会推薦選手
    • 9月9日(水)18時 ~ 9月15日(火)18時
  • それ以外の選手
    • 9月16日(水)18時 ~ 9月22日(火)18時
支払期間
  • 日本山岳・スポーツクライミング協会推薦選手
    • 9月9日(水)18時 ~ 9月15日(火)24時
  • それ以外の選手
    • 9月16日(水)18時 ~ 9月22日(火)24時

大会役員

大会名誉会長 田中幹夫
大会会長 八木原圀明
大会副会長 平山ユージ、山田信明
実行委員長 村岡正己
副実行委員長 藤枝隆介、山本譲
スポーツマネージャー 羽鎌田直人
副スポーツマネージャー 畑中渉
サービスマネージャー 百瀬恭平
メディアマネージャー 原田佐希
テクニカル・デリゲイト 杉山将崇
アシスタントテクニカル・デリゲイト 羽鎌田直人
審判長 佐藤豊
主任審判 山崎剛
チーフルートセッター 岡野寛
ルートセッター 松島暁人、杉田雅俊、徳永潤一、中島雅志、福田宗次郎

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策

  1. 健康管理

    新型コロナウイルス感染の徴候がないか、モニタリングとして大会2週間前より体温測定、咳、咽頭痛、倦怠感の有無など健康チェック表2に記録し大会当日提出してください。
    提出がない場合は入場を禁止します。

  2. 受付
    1. 大会当日、受付にてマスク着用の確認、体温測定、健康チェック表1への記入を行います。
      筆記用具の持参をお願いします。
    2. 体温測定、健康チェック表に次の症状及び状況がある場合、会場への入場を禁止します。
      • 発熱(37.5度以上)、体調がよくない(発熱・咳・咽頭痛などの症状が続いている)
      • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる。
      • 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合。
  3. 観戦及び選手への帯同
    • 大会会場への入場は、選手および選手帯同者(コーチ、トレーナー、引率等含む)のみとします。
    • 車両の通行、近隣施設への迷惑となりますので、大会会場周辺の公道、施設敷地からの観戦、応援は禁止します。
    • 観戦はYouTube(ライブ)で行うものとしますが、自分が参加するもしくは自分が帯同する選手のラウンドの競技終了後の観戦は可能とします。但し、観戦時はマスクを着用し、大声での応援はしないでください。
    • 従来通り観戦エリアへのタープ等の設置は認めますが、タープ内が三密にならないようご配慮ください。三密となっている場合は、当該タープの撤去を指示します。
  4. 選手帯同者

    選手帯同者(コーチ、トレーナー、引率等含む)の入場は次のとおりとします。尚、選手帯同者はウォームアップエリアおよびアイソレーションゾーンへ入場することはできません。

    1. ユースB/ユースA/ジュニアに参加する選手への選手帯同者は、都道府県連盟/協会につき1日1名。
      ただし、同一日に同一の都道府県連盟/協会に所属する選手が10名以上出場する場合は、1日2名まで。
    2. ユースCに参加する選手への選手帯同者は、所属(都道府県連盟/協会もしくは無所属)に関わらず選手1名につき1日1名。
      ただし、可能な限り( i. )の選手帯同者に帯同を依頼すること。
    3. ユースC以外の無所属選手については、出場選手がユースBの場合に限り、選手1名につき選手帯同者は1日1名。 ただし、可能な限り無所属であっても( i. )の選手帯同者に帯同を依頼すること。
      ユースC ユースB ユースA ジュニア
      都道府県連盟/協会
      所属選手
      選手1名につき
      1名の帯同
      都道府県連盟/協会につき1日1名※
      無所属選手 選手1名につき
      1名の帯同
      選手1名につき
      1名の帯同
      帯同不可 帯同不可

      ※ 同一日に同一の都道府県連盟/協会に所属する選手が10名以上出場する場合は、1日2名まで。

      選手帯同者の派遣を希望する都道府県連盟/協会、ユースC参加選手、無所属のユースB参加選手は、所定の申込フォーム(後日公開)から事前に申し込んでください。申し込みがない場合、会場への入場はできません。
  5. マスクの着用

    マスクは、各自持参してください。コールゾーンにいる時及び競技中以外は常時着用をお願いします。なお、ウォームアップ中はマスクを外しても構いません。熱中症対策として、こまめに水分補給をしてください。また、マスクの廃棄はご自宅でお願いします。

  6. クライミングロープ

    今大会は、感染防止としてロープは選手個人のものを使用しますので持参してください。ロープは、PSC、EN892、UIAAに適合しているシングルロープで、長さは40m以上、呼び径(太さ)9.0mm~10.0mmとします。予選受付時に、個人持込ロープ仕様申告書を提出してください。
    尚、以下に当てはまるロープは安全上問題がありますので使用できません。

    • 通常クライミングでは使用しない化学物質(酸 、バッテリー電解液など)に触れたことがある
    • 芯が見えている
    • 外皮が激しく毛羽立っている、損傷している
    • 外皮と芯がずれている
    • 部分的に固くなったりまたは柔らかくなったりして他の部分と違和感がある部位が生じている
    • 長い墜落や落下係数1を超える墜落を受けた

      ※ 落下係数1を超える墜落:クライマーの墜落距離÷ビレイヤーとクライマー間のロープの長さ クライマーが4m登ったところで4m墜落した場合、落下係数=4÷4=1となる

    • ひどく汚れている
    • 摩擦による熱や火などの熱を受けたことがある
    • 毎週の使用で1年以上経過しているもの
    • 月1~3回の使用で3年以上経過しているもの

    ※ 国立登山研修所編 確保理論より

  7. 公式掲示板

    競技順、成績等を掲示する公式掲示板は、会場内に設置しません。代替措置として、インターネット上に公式掲示板を設置します。URLは後日大会特設サイトに掲載します。尚、予選のデモンストレーションビデオはYouTubeに掲載するものとし、そのリンクは公式掲示板で10月9日(金)18時~20時の間に公表します。但し、悪天候等によるルートセットの遅延によりビデオの公開が遅れる場合がありますのでご了承ください。

  8. ウォームアップ

    ウォームアップエリアの三密防止対策として、各選手はウォームアップ時間が指定されます。詳細は後日お知らせします。

  9. その他遵守事項
    1. 大会中の感染防止として、動線、マスクの着用、手洗い及びアルコール消毒、3密防止、ソーシャルディスタンスの確保は会場の指示(ゾーンコントロール)のもと行ってください。飲食物は、共用しないでください。
    2. ウォームアップ前後に手の消毒を行ってください。消毒液等は運営側で準備しますが、各個人で普段から使い慣れているものを持参いただくことを推奨します。
    3. コールゾーン、トランジットゾーンの共用の椅子に座る際は、タオルを敷いてください。タオルは各自持参ください。
    4. チョークは、液体チョークを推奨します。
    5. 会場に来場するすべての方に「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の登録協力をお願いします。
新型コロナ感染防止対策にご協力頂けない場合及び遵守事項が守れない場合は、会場より退場していただきます。

注意事項

肖像権 本大会出場選手の大会期間中の肖像に関わる権利は大会主催者の管理下にあるものとします。
ドーピング 本大会は、日本アンチ・ドーピング規定が適用されます。
返金 お支払いただいた登録費・参加費はいかなる場合にも返金されません。
但し、新型コロナウイルス感染症発症もしくはその疑いがある場合の欠場の際は、参加費の払い戻しを行う場合があります。
保険 出場者の傷害保険は主催者側で付保しますが、競技中の事故に起因する傷害以外の疾病に対しては責任を負いませんのでご了承ください。
盗難など 盗難・紛失及び駐車場などでの事故に関して、大会主催者は一切の責任を負いませんのでご了承ください。
撮影 会場内でのカメラ撮影は報道関係者のみ許可いたします(要事前申請)。
その他 決勝進出選手数
各年齢別グループの決勝への定員は、そのグループの参加者数の多寡に応じて下の表に従い決定する。
なお、決勝進出ライン上に同着がある場合の扱いは、IFSCのルールに準拠します。
参加者数決勝への定員
18名以下6名
19~21名7名
22~24名8名
25~27名9名
28名以上10名

1つの年齢別グループの決勝への定員は6名を最少とし、その年齢別グループの参加者数の1/3(小数点以下切り上げ)または10名の内、少ない方とする。

決勝のアイソレーションには、スマートフォン、携帯電話、ノートパソコン、タブレット以外にも、外部からの情報の受信もしくは外部への情報の送信が可能なWi-FiおよびBluetooth機能が搭載された電子機器(スマートウォッチ、ヘッドホン、イヤホン等)を持ち込むことはできませんので、必ず選手受付で主催者に預けるか、選手帯同者等に預けてください。

【重要】BMI測定に関するお知らせ

決勝進出者はBMI測定のため、アイソレーションルームにて身長・体重の直接計測を行います。これは、選手の健康を管理するためにJMSCA スポーツクライミング医科学委員会が行なうものです。
計測にあたっては保護者(もしくは代理人)の承諾書を提出していただきます。
個人情報の取り扱いに関しては法令、JMSCA定款第46条に従い万全を期します。