ホーム > お知らせ > 2024年 > JMSCA次世代アスリート育成プロジェクト拠点及びコーチ募集について

JMSCA次世代アスリート育成プロジェクト拠点及びコーチ募集について

公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会(以下、JMSCA)は、今後も世界トップチームとして持続的に世界を牽引できるチームを目指し、全国の都道府県連盟(協会)及びクライミング施設と連携し、独立行政法人日本スポーツ振興センター委託事業・課題解決型アスリート育成パスウェイ構築支援プログラム「メダルポテンシャルスポーツ育成のための持続可能なシステム構築支援」(以下、本事業)を、「JMSCA次世代アスリート育成プロジェクト」として実施します。

本事業においてJMSCAは、アスリート育成パスウェイの初期段階(ユースC以下のクライマー)~中期段階(ユース代表)のボルダー育成拠点と、中期段階(ユース代表)のボルダー/リード育成・強化拠点を募集のうえ整備します。ボルダー育成拠点において、ユース強化練習会及び育成プログラム(キッズボルダープログラム)、コーチ人材育成プログラムを実施します。ボルダー/リード育成・強化拠点においては、ユース強化練習会のみ実施します。合わせて、本事業に当たる育成アシスタントコーチを募集のうえ育成します。

JMSCA次世代アスリート育成プロジェクト概要

背景

日本チームの活躍は近年めざましい状況にありますが、2016年から活躍した選手が主体のチーム編成となっており、ロサンゼルス2028 オリンピック競技大会(以下、ロス大会)で日本チームがメダルを獲得するためには、次世代のスター選手の発掘・強化が重要となっています。そのために公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会(以下、JMSCA)が抱えている課題は以下の3点です。

  1. 持続可能な選手育成・強化システムが構築できていない。現在、全国にあるクライミング施設とJMSCAは選手育成・強化において、連携が十分にできていない。
  2. スポーツクライミング指導者数が増加していない。
  3. クライミング施設の多くはボルダー施設であるため、リード、スピードで世界をリードする施設は国内にほとんどない。

上記の背景のもとJMSCAは、今後も世界トップチームとして持続的に世界を牽引できるチームを目指し、全国の都道府県連盟(協会)(以下、PF)及びクライミング施設と連携し、独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下、JSC)委託事業・課題解決型アスリート育成パスウェイ構築支援プログラム「メダルポテンシャルスポーツ育成のための持続可能なシステム構築支援」(以下、本事業)を、「JMSCA次世代アスリート育成プロジェクト」として実施します。

I.目的・目標

本事業でJMSCAはユース強化選手及びユース代表、19歳以下のシニア代表(以下、ターゲットアスリート)を対象に、集中的な育成・強化を実施することでロス大会においてメダル獲得を目指します。現段階で抱えているアスリート育成パスウェイ*1上の課題を解決しながら、メダルポテンシャルアスリート*2が継続的に発掘・育成・強化できる仕組みを構築します。これらの取組を通じて、課題抽出、計画、実施、検証・評価による改善点の抽出、改善点の計画への反映といったサイクルをJMSCAが持続的に回しながら、アスリートの育成・強化を実施できる持続可能な仕組みを確立し、競技におけるパスウェイモデルの構築、活用を目指します。

※1子どもがスポーツに触れてからトップアスリートになるまでの道すじ
※2メダル獲得の可能性があるアスリート

II.活動項目と内容

アスリート育成パスウェイの初期段階(ユースC以下のクライマー)~中期段階(ユース代表)のボルダー育成拠点と、中期段階(ユース代表)のボルダー/リード育成・強化拠点を募集のうえ整備します。ボルダー育成拠点において、ユース強化練習会及び育成プログラム(キッズボルダープログラム)、コーチ人材育成プログラムを実施します。ボルダー/リード育成・強化拠点においては、ユース強化練習会のみ実施します。合わせて、本事業に当たる育成アシスタントコーチを募集のうえ育成します。

III.プロジェクトメンバー

強化委員会、ブロック代表コーチ、指導委員会、アスリート委員会、普及委員会、医科学委員会、河合季信氏(筑波大学・外部有識者)

IV.期間

令和5年4月17日から令和7年3月31日まで

V.JMSCAスタッフ

ユース/シニア代表コーチ、育成アシスタントコーチ、スピード種目テクニカルアシスタントコーチ

拠点一覧

【JMSCA強化拠点】

アスリート育成パスウェイ中期段階(ユース強化選手及びユース代表)~後期段階(シニア代表)の強化拠点

施設名 住所 ボルダー リード スピード
岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場 岩手県盛岡市みたけ1丁目10
スカイピアあだたらアクティブパーク 福島県二本松市上葉木坂 2番地の3
(分割壁)
葛飾区東金町運動場スポーツクライミングセンター 東京都葛飾区東金町8丁目31−1
千葉県立幕張総合高等学校 千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1−6
倉吉スポーツクライミングセンター 鳥取県倉吉市山根
rocks CLIMBING GYM 岡山県倉敷市平田261−2
(分割壁)
エフピコアリーナふくやま 広島県福山市千代田町1丁目1−2
(1レーンのみ)
石鎚クライミングパークSAIJO 愛媛県西条市氷見乙724
ノボルト 福岡県福岡市西区小戸2丁目1 なし
九州クライミングベースSAGA 佐賀県多久市北多久町大字小侍23

【JMSCAボルダー/リード育成・強化拠点】

アスリート育成パスウェイ中期段階(ユース強化選手及びユース代表)の育成・強化拠点

施設名 住所 ボルダー リード スピード
福井県立アーチェリー・クライミングセンター 福井県福井市合谷町1−5 なし

【JMSCAボルダー育成拠点】

アスリート育成パスウェイ初期段階(ユースC以下のクライマー)~中期段階(ユース強化選手及びユース代表)の育成拠点

施設名 住所 ボルダー リード スピード
ボルダリングクラブハウスTRAILROCK 福島県郡山市若葉町5−22 なし なし
クライミングジムROCKY'N 栃木県宇都宮市岩原町657 なし なし
ボルダリングワールドQRiMo 静岡県御前崎市池新田4359 なし なし
クライミングジム&コンディショニングAIDPIT 岐阜県瑞穂市本田179−6 なし なし

JMSCAボルダー育成拠点及びボルダー/リード育成・強化拠点募集

JMSCAは、次世代アスリート育成プロジェクト実施に当たり、アスリート育成パスウェイの初期段階(ユースC以下のクライマー)~中期段階(ユース代表)のボルダー育成拠点と、中期段階(ユース代表)のボルダー/リード育成・強化拠点を募集のうえ整備します。

JMSCA育成アシスタントコーチ募集

JMSCAは、次世代アスリート育成プロジェクトに当たる育成アシスタントコーチを募集のうえ育成します。