ホーム > お知らせ > 2018年 > IFSC クライミング・ワールドカップ 泰安 2018 が終了しました

IFSC クライミング・ワールドカップ 泰安 2018 が終了しました

中国 泰安で開催されたIFSC クライミング・ワールドカップのボルダリング種目で、野口啓代が2戦連続となる優勝を飾りました。 また、野中生萌も2位となり表彰台にあがりました。

■大会概要

大会名:IFSC クライミング・ワールドカップ (B,S)重慶 2018

開催日:2018年5月12日~13日

開催地:中国・泰安

種目:ボルダリング、スピード

男子ボルダリング競技

順位名前国・所属成績
1アレックス・ハザーノフイスラエル3T4z 7 9
2イェルネイ・クルーダースロベニア2T4z 2 5
3グレゴール・ヴェゾニックスロベニア2T4z 4 10
4杉本 怜北海道連盟2T4z 4 10
5藤井 快TEAM au2T4z 7 5
6チョン・ジョンウォン韓国2T3z 6 6
8楢﨑 智亜TEAM au準決勝敗退
9渡部 桂太住友電装準決勝敗退
10高田 知尭鳥取県協会準決勝敗退
11藤脇 祐二福井県連盟準決勝敗退
15石松 大晟Base Camp準決勝敗退
18緒方 良行神奈川大学準決勝敗退
19村井 隆一千葉県連盟準決勝敗退
23原田 海神奈川大学予選敗退
25土肥 圭太平塚中等教育学校予選敗退
85是永 敬一郎日本予選敗退

女子ボルダリング競技

順位名前国・所属成績
1野口 啓代TEAM au4T4z 5 5
2野中 生萌TEAM au4T4z 10 7
3ファニー・ジベールフランス2T3z 6 7
4スターシャ・ゲージョセルビア1T3z 3 7
5ヨハンナ・ファーバーオーストリア1T3z 4 10
6キーラ・コンディーアメリカ0T3z 0 5
9倉 菜々子安城高等学校準決勝敗退
11小武 芽生エスエスケイフーズ準決勝敗退
11加島 智子日本準決勝敗退
13伊藤 ふたばTEAM au準決勝敗退
15杉村 紗恵子日本準決勝敗退
19尾上 彩福井県連盟準決勝敗退

男子スピード競技

順位名前国・所属成績
1バッサ・マエムフランス5.68
2サブリ・サブリインドネシア5.75
3ドミトリー・チモフェーエフロシア100.00
4アスパル・ジャエロロインドネシアfalse start
5スタニスラフ・ココリンロシア5.94
6アルフィアン・ムハンマドインドネシア7.31
7ダニル・ボルドィレフウクライナfalse start
8ヒナヤ・ムハンマドインドネシアfalse start
9アレクサンダー・シコフロシア5.96
10アレクサンダー・シロフロシア5.96
11スフリヤント・リンディインドネシア6.07
12リン・ペンホイ中国6.13
13ジョン・ブラスラーアメリカ6.19
14パンゲラン・セプト・ウィボー・シブリアンインドネシア6.30
15ルドヴィコ・フォッサリイタリア6.67
16アーセニ・ボゴモロフロシア8.06
41緒方 良行神奈川大学予選敗退
42楢﨑 智亜TEAM au予選敗退
44藤井 快TEAM au予選敗退
48土肥 圭太平塚中等教育学校予選敗退
57原田 海神奈川大学予選敗退

女子スピード競技

順位名前国・所属成績
1アヌーク・ジョベールフランス7.62
2サリ・アグスティナインドネシア7.74
3エリーズ・スーザンティ・ラハユインドネシア8.86
4アンナ・ブロジェクポーランド9.17
5アウレリア・サリソンフランス8.10
6アンナ・ツィガノヴァロシア8.21
7マリア・クラサヴィナロシア8.24
8ラジア・サルサビラインドネシア9.78
9エレナ・レミゾワロシア7.84
10アラ・マーレニッヒウクライナ8.34
11ニ・ミンウェイ中国8.38
12ヘ・クーリアン中国8.71
13サンティ・ウェリエンタイインドネシア8.77
14エレナ・チモフェーエヴァロシア8.84
15ヴィクトワール・アンドリエフランス9.04
16ユリヤ・カプリナロシアfall
27野中 生萌TEAM au予選敗退
32倉 菜々子安城高等学校予選敗退
35野口 啓代TEAM au予選敗退